風の中に高知で出会いがあり季節があった

エアコンの防風カップにいる花いちか
アネモネの歪んだ月の傷を癒す高知で出会い

アネモネ、春の終わりの季節
子の言語は花いちかと牡丹いちかです。

キンポウゲの家族。地中海沿岸の出身で、明治初年に日本に来ました。球根からヤシの葉を取り出し、約30 cmの花茎をいくつか取り出して、ナスに似た花を開きます。色は赤、ピンク、紫、青、白などです。

高知で出会い風の中を考えるアネモネ
(鎌倉佐久)
アネモネは黒怒っていません
(美咲克明)高知で出会い
アネモネ赤に集まった鱗
(稲葉Re子)

 

高知で上手くいく異性との出会い方10選を大調査


アネモネダークムラサキ
(白bat芝)
アネモネの花の靴高知で出会い
(高野純)
アネモネまたは文字を短く書き換えます
(岡本at)
アネモネと神の世界
(木田Re子)高知で出会い

故ルノワールは彼の死の日までアネモネの花を描きました。
マティスネモネの絵も有名ですが、その絵はルノワールの絵です。

「しゃぼんだま」

女性がしやんぼ玉を吹く泡風呂で手します。
しやんぼんだまの濡れた月の匂い
それがクイックヒット愛なら、シャボン玉を撃つ
月光は胸と石鹸のボールを放ちます
塩谷のぞみの恋の息吹

季節の言葉はせっけん玉みはる
子供の頃の言語は玉屋です高知で出会い
わらの先端に石鹸水を入れ、軽く膨らませて泡を膨らませます。時にはすぐ​​に壊れたり、風に乗って遠くに飛ぶことがあります。春のような牧歌的な遊びです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です