自信を持っていた渋谷の出会いで

渋谷の出会いは自信を持って言った

「それは3番目です!」

私がまだ大学1年生の時に

私の友人は私に言った、「あなたの髪型、亀頭のようですね」。

その当時、私はまだ用語「渋谷の出会い」を知らない、そして私はそれを知っている

私は私の友人に、「ああ、あなたは理髪店に行きますか?」と言いました。

だから月末に、私は理髪店に行き、誇らしげに行きました

「亀頭のように切ってください」と言ったら、

「いつも通り」と彼女は言われた。

それから私は健康クラスで少し学びました。

17歳の夏。夜中に一人でこの地域を徘徊すると、泣きながら歩いている女性に出会いました。
私は何かをするふりをすることを試みるのにしばらく時間を費やしたが、私は渋谷の出会いの心を失って話した。
「ああ、あの姪…大丈夫?」

それから女性
「ヒゲッグ…ダイブ…デス…エッグ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です