渋谷での出会いのために頻繁にスタンドに行かなければならない

渋谷での出会いは自宅から40キロ離れたところで仕事をしています。

機械タンクはたった3日で空になるので、もっと頻繁にスタンドに行かなければなりません。

私はしばらく前に給油しています…

店員「渋谷での出会い!」

店員「ライス!ライズ!ライズ!ハイケース!」

私はこのマシンを使っているときだけ、フルサービススタンドを着けています。

自己のようなものはありません。

私は「高い現金で…」

それは貧しい人々に言うことができない線です。

「いっぱいですか?」

私はそのようなぎこちないことを聞きません。

渋谷での出会いから値段を上げたので、スタンドはガラガラです。

店内の自動販売機からよく「つばきよろし」を買います。
最近中毒になっているのは、大同のジュースです。
私はジュースを取り出す時までに機械の燃料補給は終わった。
ここのスタッフは早く働いています。

店員「ありがとう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です