高知にいた未知の女性との出会い

私は一晩仕事をしていた
それは時間の物語です( ‘-ω-`)

高知は今仕事をしていません
私はすでに人と話します
それで結構です(・∀・)そして

滞在中と言っても
丸一日の仕事で
ちょっと昼寝…

深夜1時ごろ
布団を入力してください…
高知は夢を見ました( ‘-ω-`)

私は未知の女性に追われました
殺される夢(-o-)

当然起きます…

部屋に看板がありました…
約5メートル先に…
夢の中の女性が立っています

あなたはこれを見ています。 _-))))

((((°))))

布団を着ても
私はあなたの前であなたを見ることができます
(((;;Д))))

それが理由です
ちょっとした時間…(дд `| | |)

高知は前に消えていく…

1番で働いている人はやる
来ました( ‘ – ‘ *)♪

助かりました…
私がそう思ったところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です